新型コロナウイルス症状?味や臭いがしない症状のある人いるのか調査

新型コロナウイルスとは?

2019年11月に中華人民共和国湖北省武漢市において、原因となる病原体が特定されていない肺炎の発生が複数報告され確認され、同年12月31日に最初に世界保健機関 (WHO) に報告されました。

2020年1月20日、病原体を調査している中国・国家衛生健康委員会 (NHC) 専門家の鍾南山グループ長は、広東省でヒトからヒトへの感染(ヒト – ヒト感染)が確認されたと発表。

WHOは2020年2月11日、新型コロナウイルスによる疾患をCOVID-19Coronavirus disease 2019 の略称)と命名しました。

このウイルスを中国の研究チームが遺伝子解析した結果、コウモリ由来のウイルスに近く古くからあるとみられるS型(全体の3割)と毒性の強弱は不明だが感染力が強いとみられるL型(全体の7割。武漢市の流行では大半を占めるが、市外の流行では現在は減少傾向にある)という2つの型に分類できることが分かりました。患者の多くは片方の型にしか感染していないものの両方の型に感染した例も確認されており、ウイルスに一度感染し症状が治っても別の型に再感染する可能性が指摘されています。ただしこの分類については議論のあるところであり、今後の研究・検討が待たれる。

主症状は、40℃程度の高熱 (98%) 、乾いた咳 (76%) 、息切れ (55%) などです。他に、全身倦怠感吐き気筋肉痛等があり、肺炎の合併症などがあります。

https://twitter.com/meherwe/status/1242827633886408704?s=20

コメントを残す