コロナウイルスで注目されたコロナビールの売れ行きや味など口コミ紹介

コロナウイルスやコロナビールの「コロナ」の意味

コロナ (Corona) は、太陽の周りに見える自由電子の散乱光のこと。もしくは、太陽表面にあるもっとも外縁にある電気的に解離したガス層。「太陽コロナ」との呼び方もある。
太陽コロナはプラズマの一種であるが、コロナという言葉は2,000年以上前から冠の代名詞として使われてきて、クラウンという言葉につながった。
参照元:ウィキペディア

コロナウイルス名前の由来

コロナを連想させる特徴的な外観から命名。ラテン語(コロナ) およびギリシャ語の王冠または光冠(丸い光の輪)、花冠を意味する コロネ) に由来する。この名称は電子顕微鏡によるビリオン (感染性を有するウイルス粒子) の特徴的な外観に由来する。ビリオンは大きな球状の表面突起の縁をもち、樹冠や太陽コロナを思わせる像をつくる。

コロナビール名前の由来

モデーロ社が製造するメキシコのビールの銘柄。正式名称コロナ・エキストラ。コロナビールのロゴが王冠であることから、コロナ(王冠)や由来していると思われます。

事象の地平線ネズミの顔様ツイッターより ↓↓

コメントを残す