リメンバーミーの犬ダンテはなぜ死者の国へ行けたのか?犬種などまとめ

ディズニー映画「リメンバー・ミー」誕生秘話

2011年、リー・アンクリッチ監督は、メキシコの伝統的な祭礼行事「死者の日」を元にしたアイディアを思いつきました。

物語の舞台を、亡くなった人達が暮らす「死者の国」に設定するという、ディズニー・ピクサーがこれまでやったことのないアイディアに、製作総指揮を担うジョン・ラセターも興奮しました。

アンクリッチ監督達は、3年かけてメキシコ各地の市場墓地美術館などを訪れ、地元の人々と触れ合い、暮らしや音楽、伝統などを多角的に学んでいきました。

彼らは死者の魂が家族や親しい人々に歓迎される、音楽と歓喜に満ちた祭礼「死者の日」、さらには何世代もが一緒に暮らし、家族を大切にしている人々の姿、そして至るところで目にしたリッチでカラフルな色彩に感銘を受けました。

「ピクサーが本領を発揮した時には、冒険やユーモア、夢のような楽しさが詰まっていて、そして観客が思わず涙する映画を作り出すのです。」とアンクリッチ監督は語りました。

「死者の日」とは?

11月1日と2日を軸にメキシコ各地で祝われる「死者の日」ユネスコの無形文化遺産にも指定されているこの風習は、簡単に言うと日本のお盆のような行事で、この期間は祖先の霊が戻って来る日だと信じられている。

町中がカラフルなパペル・ピカド(切り絵の旗)楽しいガイコツの人形達や、祖先を導く鮮やかなオレンジのマリーゴールドの花などで彩られる。

各家はオフレンダ(祭壇)を設けて故人の写真や生前好きだった食べ物や飲み物などを供えガイコツ型の砂糖菓子(シュガースカル)ろうそくなど様々な飾り付けをしたり、先祖の墓の前で酒を飲んだり食事をとったりマリアッチを呼んで故人が好きだった歌をリクエストするなど、先祖の魂と生きている家族の交流をはかる。

ガイコツは「死者の日」に絶対に欠かせないモチーフで、メキシコにはガイコツの絵柄が掘られたピラミッドの遺跡もあり、古来よりガイコツは身近な存在なのです。

兎屋まめ@幻想漫画家さまツイッターより ↓↓

コメントを残す