アナ雪2クリストフの歌はクイーンのオマージュ?歌詞やシーンについて紹介

アナ雪2クリストフ歌オマージュ

作詞家クリステン・アンダーソン=ロペスが手がけた楽曲です。
80年代、90年代によく男性ロックアーティストが歌う壮大なバラードがあって、それを参考にした曲なの」と語っています。

作品の中で、クリストフがアナへの愛を熱唱するシーンがあるのですが、伝説のロックバンド「クイーン」の「ボヘミアンラプソディ」のパロディのような場面があります。

クリス・バック監督は、「われわれはクイーンをはじめ、80年代のロックバラードにオマージュをささげたよ。当時のミュージックビデオ全部にインスピレーションを受けているんだ。アーティストたちもそういったものを参考にして、楽しみながら作った。YouTubeで80年代のロックバラードを検索したらわかるよ」と答えています。

アナ雪2クリストフ歌オパロディシーン

●クリストフがどアップで髪がなびいているシーン

●スクリーンがいくつかに分かれて、複数のクリストフが映されるシーン

●クリストフがレコーディングスタジオで耳に手を当てて、松ぼっくりをマイクに仕立てて熱唱するシーン

〜まめωさんツイッターより〜


〜アイさんツイッターより〜


〜山原さんツイッターより〜


〜うきょたまさんツイッターより〜
https://twitter.com/vymania/status/1213065749507366912?s=20

コメントを残す