ディックブルーナテーブル神戸/子連れでも大丈夫?お子様メニューも紹介

「ミッフィー」と「うさこちゃん」の違いとは!?

絵本作家ブルーナは、擬人化された小ウサギの主人公たちの日常を描写した新しいタイプの絵本を書き上げました。ブルーナはその主人公に、小ウサギを意味する konijntje の短縮形である Nijntje という名前を与えた。これが、ナインチェの誕生です。

日本では、母国と同じ「ナインチェ」と呼ばれることはほとんど無く、

★福音館書店刊行の石井桃子訳「うさこちゃん」

★イギリスで英語訳の際名付けられ、講談社刊行・テレビアニメでも使用された「ミッフィー」

の2種の内いずれかの名で呼ばれています。

ぼこ様ツイッターより ↓↓
https://twitter.com/katsura3211/status/1274559596921679874?s=20

まとめ

私が子供の頃から馴染みのある「うさこちゃん」の絵本。

「うさこちゃんとどうぶつえん」にとても違和感を感じながら読んでいた記憶があります。

「うさぎなのに他の動物見に行くの!?」と思った方居ませんか?笑)

息子にも「うさこちゃんシリーズ」の絵本を買いましたが、息子は何の違和感も持たず読んでいました。

「うさこちゃん」に限らず、絵本って「辻褄合わなくてもOK!!」みたいなパラレルワールドですよね。

大人になって改めて子供に読んであげると「そんなアホな!!」って展開に笑えます。

皆さんも、昔好きだった絵本を読み返してみて下さいね!!

コメントを残す